• English
  • 日本語

カーペットタイルをリサイクルし新たなカーペットタイルへ再生するECOS Recycle System

循環型社会に対応し、リサイクル材を積極的に採用します

当社グループは、廃棄しかできなかった使用済みカーペットタイルを再び資源に変え、新たなカーペットタイルを生み出しました。再生を繰り返すことで、資源を未来へつなげる「ECOS®(エコス)水平循環型リサイクルカーペットタイル」は、次世代のスタンダードを目指します。

石油などの化石燃料の枯渇、産業廃棄物の増大、温室効果ガスによる地球温暖化など、環境問題に対する意識が高まるなか、カーペットタイルのライフサイクルにおいて、産棄物の削減、資源の循環をかつてないレベルで実現する「ECOS Recycle System」を構築しました。

「低炭素社会」、「循環型社会」の実現に向けて、リサイクルカーペットタイルを普及させることが、日本で最初にカーペットタイルの製造販売を手がけた企業としての挑戦です。

世界トップクラスの再生材比率を達成

市場に流通しているリサイクルカーペットタイルは、再生材比率が25%~40%強のものが、ほとんどです。ECOS®は、従来品を大きく上回る再生材比率、最大83%を達成しました。

再生材の原料を限定し、安全性を管理

再生材の中には、由来を特定できないものも多くあります。ECOS®はバッキング材の再生材を使用済みカーペットタイルのみに限定。材料の由来を明確に管理し、安全性を確保しました。

従来品と比較して、CO2排出量を大幅削減

ペットボトル由来のポリエステル再生原料を使った「スミトロン®」をパイル糸に用いた「ECOS SG」シリーズは、LCA評価において当社従来品比で最大43%のCO2削減率を達成。製品重量も約5%軽量化。運搬・輸送時の負荷を抑えました。